2005年12月31日

2005年にみおえたアニメそうかつ

えーと昨年同時期の、「ジパング」の渋さにしびれつつ「ローゼンメイデン」のお安い設定に真摯な演出で喝を入れる手腕に感心しつつ「吟遊黙示録マイネリーベ」の萌え笑いに絞め殺されそうになってた様子と比べてしまうと、今年はやや薄かったです。でもたとえば、一昨年2003年よりはマシな感触だったわけで、一言でいえばおおむね満足できたラインナップだけど個々のインパクトはそう強くなかったなあと。ではさくっと『今年終わったアニメ』ベスト3〜

1.「創聖のアクエリオン」:作家性の強烈さと、流行性のネタ加減とが絶妙。他の追随を許さない混沌ぶりは好みでした。最終回付近の展開加速ぶりは善し悪しもあれど、濃密さでサービスしようという姿勢は視聴者本位なものだったと思います。サテライトはぐっとネット上での評判株を上げられましたね。 

2.「吟遊黙示録マイネリーベ」:よもやストーリー性がこれほど高いとは思ってもみなかった。乙女ゲー原作アニメの金字塔といってもよいかと。こちらも(監督由来な)作家性の強烈さと、流行性のネタ加減とが絶妙。作画もまずは上々の部類でしょう。さて来月はじまる続編シリーズはどうなるか?

3.「絶対少年」:見逃すと惜しく感じたアニメというと、他にはこれぐらいだったかも。田菜編の抑えられたテンションコントロールが、横浜編後半でやや迷走した観があるのは残念。望月監督、新作との兼ね合いに失敗されたか?

次点.「フタコイ オルタナティブ」:最終回のプロットが印象弱いのが難で、あまり記憶には残ってなかったり。しかし作画、特に背景美術はすばらしかった。個人的にはベストは恋太郎の母の里の小川べりの情景。

次点.「ギャグマンガ日和」:後半にいくほど当たり回が多くなっていき視聴テンションが上がりました。低予算を逆手に取って手作り感覚満載だったのが楽しい。大地監督自ら原画を描かれていた回(バイクでレースするやつ)なんて、一度手掛けると誰もがはまるというセルアニメの魔力を感じました(笑)

では来年もみなさまよろしゅうにー
posted by 三和土 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエイン#12「タタカイ」

作監が松本憲生氏(個人的には猪の一番にEAT MAN#7-全話中もっとも難解-で一人作画やってた人、第二にアルジュナ#4で緑いっぱい描いてた人)ということよりも、絵コンテが古橋一浩氏ということに驚いた。サテライト作品で名前を目にしたのは初めて。

そして本編では戦闘場面でいきなり主線がラフタッチになって、なおかつそのまま動いとるのにびっくりしました。直後の坂を駆け降りるはるかにもその名残りが(笑)

TVシリーズなのにOVA並みの豪華さじゃの〜 おいらの懐に余裕があればDVD購入決定です。「晴香の函館紀行」も観たいし。トビとアトリがよくぼんやりとだべってた、なんかの廃墟みたいなくぼ地(あれは意外に港の近く?)がなんという場所なのか気になってます。

ノエインは、なにかの具体的な目的のために行動しているというよりは、単に「未来は一つしかない」という宿命論に固執してるだけの人なのかもしれないっすね。

フクロウの末期の余裕のない表情も哀しかったけれど、正直いってトビたんがつらい目に合わないかその方が今は心配で心配で。え?ア…トリ…?
posted by 三和土 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPO#8「未完成交響楽」

やっぱり小島弟、出てない回でもEDクレジット出とるわ。いちいち毎週クレジット変えるの面倒なんだな。といいますか、戦闘時なのに搭乗員に欠員出ててもシナリオでフォローないのだろうか… 今回ポニテいいんちょは一人で乗ってたの?

再度おそわれるツインブリッジ。古武士的に新米中隊長を見守る彩華、彩華の知られざる戦歴を聞いてあらためて忠言を噛み締める咲良、咲良の命令を超えたメッセージにようやく耳を貸しはじめた乃絵留。三者を軸として中隊の雰囲気のひそやかに決定的な変遷をさりげなく描いていたのは(全体的に相変わらず地味な仕上がりだけど)良かったです。咲良が作戦中に初めて乃絵留を部下としてではなく『菅原さん』と友人として呼んだ演出がいいっすね。

また、今回はひさしぶりにロボットがちゃんと動いてたし(笑) 作監は本橋秀之氏で、さすがに通常よりもぴしっと決まってた。あと避難民のトラックを見送る咲良のポージングが、なんというか特徴的でえらく網膜に焼き付いたんだけど、クレジット見た後は納得。鉄人28号EXとかでよくああいうの見たわ…
posted by 三和土 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

エウレカ#36「ファンタジア」

結局〜♪ 愛なんて幻想〜〜♪ だったら自分がかわいいと思えるならそれでいいじゃない〜♪ それが君だけのかけがえのないファンタジアなんだ〜♪

エウレカはタルホ様によるメイク後でもやっぱり化粧が浮いてると思います。そしてレントンはむしろノーメイク好き派だと思います。あとダイアンは無意識か意図的かはわかんないけど、いずれにせよ単細胞ホラ丼を利用した形になっていたと思います。

でもダイアンがレントンとよく似た顔立ちの、並の器量の少女だったのは興味深かった。タルホの方がオナゴスペック的にはふたつほど上。それでも、あのホランドが初恋に落ちた相手というだけで、ダイアンはタルホにとって永遠に『あの人』なんだろうなあ。
posted by 三和土 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+#11「ダンスのあとで」

おかむらちゃんがパシャパシャと激写した(光量足りないとかなんとか言ってたけど結局撮れなかったという後だしオチ?)ショット仕立てのカットの数々が印象的でした。デヴィッドさんあいかわらずしごとアマイデース。でぶの人を見張り役にするぐらいして機密漏洩防止に勤めろい。

ブロンドしょうゆ顔美形ソロモンは辻谷耕史。うえだゆうじかと思った。辻谷氏、あんな若い声もまだまだ出るんですね。

ミンたん(『私に声かけてくれたかっこいい人』と称してる少年がぼやっと料理ばっか食ってるのがおもろい)と小夜の仲直りエピソードが最後にあるといいなあ。
posted by 三和土 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

ノエイン#11「スレチガイ」

うんさっぱり分からない!おれ文系アタマ!

量子論とゆうのは、可能性という概念自体をうんぬんするふしぎな科学らしいってことだけ分かった。

あと内田ちゃんはエロ半眼ではなくて、観察がくせになった冷徹三白眼らしいということも分かった。

作画的な一番の見どころはイサミ兄のフライングボディプレスだったということも分かった。


来年もよろしくナイスアニメをおねがいします>サテライト様


(あっでも今週まだ30日にキッズでも放送ある! BS-iはそうそうにアニメ放送休止してるのにやっぱりCSのアニメ専門チャンネルは頼りになりますなあ〜)
posted by 三和土 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

GPO#8「春不遠」

咲良と航との語り合い、白馬の奇跡(プロット古くさい。もはやこの作品のお家芸)、彩華の退院、無気力だった隊員たちのささやかな変化の兆し。

薄い。でもゲームソフト宣伝のためのキャラクター紹介特化番組だと考えれば、いちおう筋は通っているような気もする。

どうでもいい話だけどポニーテールのいいんちょタイプの彼女を見る度に矢射子ねえちゃん@太臓を思い出す2005年の寒い冬。
posted by 三和土 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュガシュガルーン先行放送onキッズステーション

ヒト顔のねずみきめえええええぇ音楽かっこいいいいいいぃ ってOPEDだけじゃなくて小西康陽担当なのか! 朝の番組向けにしてはちょっとグロス強めでなんだかもったいない。いま夕方に見てるけど、この時間帯の方がしっくりくるのでは。

とにかくOPが良いです。何回見ても鑑賞に耐えられる。アンノ夫妻&平松貞史;小西康陽feat.野本かりあ とは。何そのパーティー人脈の結晶。玩具アニメにしては豪華すぎるだろ。ところで平松という人のことはあんまりよく知らないけど(名前はよくネット上で目にする)、メタ仕立ての画面作りがうっまい人だなあと思いました。

玩具販売目的アニメは苦手なんだけど、第1話こそ鼻についたとはいえ第4話まで見た感じでは思ったより比重が低い。ふつうに面白いアニメかも。特に第3話の新聞部の話のオチ、「友情は恋と違って元に戻せるんだな」というショコラの台詞は巧い!っと。

それにしても、主筋である『魔法界の次期女王の座を競ってニンゲン男のハートを狩る』というプロットにおいて、ハートの設定が“恋心を奪うと高揚感は消えるが魂を奪うとか掛け替えのないモンでは全然ない”というのが、恋愛資本主義高度化時代といわれる現代を正しく映しているなあ〜… オンナの花道も明快に説明できるしな。真心よりもその場その場のフィーリングを焦点化できる方が勝ち組認定されやすい、と。

あ、全体的にいちおう褒めてるつもりですので。しっかり作られてるんではないでしょうか。メインキャストもおしなべていい感じだし。ツダケンってああいう軽薄スターみたいなのが一番ハマり役なんでは…

posted by 三和土 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ローゼントロの視聴を一旦停止

来月からキッズステーションの方でも「ローゼンメイデン トロイメント」の放送が始まるようなので(余談ながら黒猫も早いとこCSに降りてきてほしい…)、#7の視聴が降雪障害で見られなかったのを機として、BS-i放送での視聴を取り止めることとします。
posted by 三和土 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK CAT#11「偽りの猫」

油性マジック描き『13』も面白いけど『HAADISU』もいい感じ。こんなばからしさが不思議と浮いてないんだよな〜 …でもあまりに堂々と空ろな雰囲気を醸し出し続けているので、なんだかシリーズ先行きが不安になってきたりもするけど。GONZOアニメって(期せずして)仮想空間的な感触の作品が多い気がする。

珍妙口マスクガンマンのデュラム、先週から出てたんだね。声が思ったより老けてる。

しかし今回は特に楽しくキュートに仕上がっていた。うだつの上がらんでぶおっさんとマルチ能力美ょぅι゛ょという黄金のペーパームーン図式だったためかもね。あとリンスやイヴの私服バリエーションがいい感じのデザインだったなあ。
posted by 三和土 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

地獄少女#12「零れたカケラ達」

ベスト脚本回の認識が再度更新された。
あれだけの短い台詞量で現在のあまりにも浮動的な一般人間関係を描写した手管には感服すべきように思う。

必見ですよ、今回。

演出的には洗い物をしてたはずのお母さんの手が止まってしまっている描写を推したい。茜の悩みが彼女の個人的な資質および世代事情に限定されるものではないと端的かつ効果的に暗示していた。

「この怨み地獄に流します」…って怨みじゃないじゃんかよ! と一瞬思ったけどさにあらず。彼女と彼とが、短時間とはいえ共有しあった社会風潮への“怨み”。誰かが、そういったものが膨張しすぎて世界を押しつぶさないように、地獄という異界へと流さなければならないということだろうか。その役目をあいが担っている理由については、次回『煉獄少女』で多少は分かるかもしれない。
posted by 三和土 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

雪の女王#30「山賊の掟」

どう見ても赤ずきんというより赤ほっかむりです。本当に母の愛をありがとうございました。

文太兄ぃのイビキ演技笑った。しかし夜行性の巨大トナカイ、なんなんだろう。正体気になるぜぇ…

フリーダは母親からの過干渉に苛ついてるわけだけど、別に愛情の真贋自体を疑ってるわけではないように感じた。その点は安易な現代風潮批判になってなくてちょっと渋いな。
posted by 三和土 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エウレカ#35「アストラル・アパッチ」

サブタイトルは、侵略者に果敢に刃向かったネイティブ・アメリカンの伝説の部族の精神のように、って意味なのかな。

いやー、ネットでの予想見てなきゃ今回のノヴァク兄弟のネタ明かし気付かんかったわ。今回の会話シーンで、余裕かましてるようでいて近眼的視野で思考するパターンがよく似てらっしゃると思った。敵、ちょろいちょろい。

ノルブのキャラ崩しが思いのほか早く来たのはちょっと残念。もっと澄ましていてくれた方が深みが出たと思う。

ところでタルホもKLF操縦できるんだね。何でもできるな彼女…

OPに修正が入ったけど、アネモネのハァ?顔カット差し替えしか私の目には分かりませんでした(もしかしてドミニクの手前にいる通信兵の動きが追加された?)。正直、うつのみや度が多少薄まっただけでなんら印象的には影響を及ぼしてない分、前の方が味わいあってよかったかと…
posted by 三和土 at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノエイン#10「アラシノヨル」

今回の作画はこれまでの放映分で一番好き。動かし方もちゃんと目が追い付くスピードだし、絵柄も設定に似せながらもシズル感が入る余地がちゃんとある。なお作画監督は鷺田敏弥氏と小林利光氏の連名クレジット。

ストーリー的には、函館メンバーの弛緩したなごやかな空気・ラクリマメンバーの悲観的で張りつめた雰囲気・東京メンバーの思い上がった険悪な関係性と三者三様でありながらも今後の展開での絡み合いを予感させて、期待を盛り上げる手腕がそつない。面白いわ。ここまでに堅実に楽しめるとは放映前は思ってなかった。

ところでIT成り上がりっぽい篠原(ポロシャツ着てるところが現実の誰かをモデルにしてることを彷佛とさせる…)の顔って、ガンダムエースで連載してる徳光っていう漫画家の描くいつもテンパッてる主人公に似てなくないですか(笑)

しかしやっぱりトビかわいいよトビ
posted by 三和土 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+#10「あなたに会いたい」

サブタイトルの主語はカール・フェイオンだろうか。しかしカールの言ってることさっぱり分かんない。というかこのアニメのテーマ性が散漫すぎて、もう。でも絵柄やアニメート傾向が好みなので、ともあれ見続けるのであった。今回はハジとカールが組み合うところで短剣が画面手前に突き刺さるカットが印象に残った。

でも一番の見どころはハジが小夜を抱きかかえる際の、手が脇腹に触れる瞬間のかすかなエロさだと思う。このアニメはこういう女子視聴者自愛心くすぐりで持たせるつもりなんでしょう。一年間も。チャレンジャーですね。無気力に応援したいです。

で、リクどうなったん。というかデヴィッドはひどい奴だな。小夜の出した条件であったろうカイリク保護をチャラにしやがって。大金渡しても、異境で行き倒れてたら意味ないっつーの。
posted by 三和土 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPO#6「黄金の七人」

温泉話。女子キャラのサービス描写よりも男子キャラのサービス描写の割合が明らかに高い。とはいえそれが真実に視聴者へのご褒美となっていたかどうかはまた別問題。というか稲田徹キャラの彼はこれまでまともにしゃべったことがあっただろうか… 最終エピソードでHBペンギン節でいきなり饒舌に語り出したら面白そう。

しかしロボット動かねー。というか出てこねー。あとEDの時に「あー小島弟今回も出なかったな」と思ってたら、キャストクレジットにはちゃんと出てるということがこれまでに2、3回。これは単に私が斜め見しているゆえの弊害なんでしょうか。
posted by 三和土 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

数時間前はCS映ってたんだけど

ノエインみれねー 4:30の放映をいちおう予約録画してみるっす。
雪にくい。
posted by 三和土 at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

雪が私にお休みをくれました

今夜はどう見てもCSもBSも映りません。
本当にGPO#6とローゼントロ#7を棒に振ってくれてありがとうございました。

(GPOの方は土曜の放送でリカバリー可能かも)
posted by 三和土 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK CAT#10「暴走する猫」

降雪のためBS受信できず… 予告をみた限りではけっこう作画がよい回だったようで口惜しいですよ。kuri-do様やそのお仲間たちも出てきてたみたいだし…

CSはアンテナに積もった雪払い落としたら映ったのになー…
posted by 三和土 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

地獄少女#11「ちぎれた糸」

おや、今回やけに作画レベル高いのでは。あいや骨女のべっぴん度3割増。

はじめちゃんの昔の職場(週刊誌記者だったらしい)に関わる話だったため、藁人形の糸を解かないようにと積極的に語りかけていたわけだけど。…しかしオチがあっさり風味すぎるかと。

ああー、だんだん感想が短くなっていきそうな予感。でも次々回の「煉獄少女」はちょっと面白そう。あいタソのライバル出るの?
posted by 三和土 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。