2004年11月13日

ローゼンメイデン#5「階段」

かいつまんで言えばギャグ回は作品傾向的にも、1クールという尺の短さにおいても、はたまた私の個人的な嗜好においても要らないということです。

でもまあ作画面における箸休め回だと考えれば、のりパートは悪くなかったことだしそんなにも捨てたものではないかなと。しかしのりにしても、同級生の告白を最後まで聞こうともしないとは弟にかまけてるほどの成熟した精神の持ち主でもない(未成年だから当たり前だけど)なあ。彼女もまた、弟の庇護者というペルソナを客観視できるようにならなければいかんということかしらん。
posted by 三和土 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1025207

この記事へのトラックバック

ローゼンメイデン 第6話 存在とは全て観念なの
Excerpt: ● ローゼンメイデン 第6話「涙」。出だしが、前回のギャグ話「階段」のノリで、スムーズに導入されるバウ。「シリアスな話の出だしは明るい」鉄則の通り、最後には、ものすごい話になって終わるバウ。 ● 途..
Weblog: いぬ日記
Tracked: 2004-11-18 00:08

レビュー・評価:Rozen Maiden ローゼンメイデン/第五話 階段
Excerpt: 品質評価 9 / 萌え評価 48 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 21 / お色気評価 3 / 総合評価 18<br>レビュー数 33 件 <br> <br> 桜田家に居すわることになった翠星石。あ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-09 18:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。