2004年11月19日

ローゼンメイデン#6「涙」

急に真紅が感傷的になってるのが腑に落ちない… あと、コメディ空気にたやすく流れていってしまってるのが作品オリジナリティを薄めてしまっていて勿体ない。

それと水銀燈の顔がですね、本編でかわいらしく/美しく見えた覚えがないんですけど。これは一体どういった仕様あるいは事情なんでしょうか。

とかとか不満点は多々あれど、まだまだ物語自体への求心力は失ってませんよ。ジュンが積極性をかすかに取り戻していってる過程には素直に応援したくなるし、真紅がアリスゲーム終焉に託した願いについても興味があるし。

…ただ、当初のような人形の小さなスケール感覚があまり感じられないのがさびしいなあ〜とか。あ、でもケーキはなんだか毎回すごく美味しそうだ。スポンジのふんわり感とか、生クリームの白さにいちごの赤さがよく映えて。
posted by 三和土 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1075985

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:Rozen Maiden ローゼンメイデン/第六話 涙
Excerpt: 品質評価 25 / 萌え評価 44 / 燃え評価 18 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 37 / お色気評価 7 / 総合評価 26<br>レビュー数 27 件 <br> <br> ドール達はテレビで大好きな探偵くん..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-05 12:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。