2007年04月30日

『アニメ調査室(仮)準備中』さんによる「第4回2007春調査」への回答エントリ

こちらで開催中。以下回答分となります。

2007春調査(2007/1-3月期、終了アニメ、51+7作品)

01,NANA,B
02,妖逆門,B
03,蒼天の拳,x
04,武装錬金,x
05,Kanon(新),F
06,牙 -KIBA-,F
07,少年陰陽師,x
08,RED GARDEN,x
09,シュヴァリエ,A
10,ネギま!?(2期),F
11,TOKYO TRIBE 2,F
12,ゴーストハント,x
13,天保異聞 妖奇士,D
14,彩雲国物語(1期),F
15,NARUTO -ナルト-,F
16,ひだまりスケッチ,x
17,京四郎と永遠の空,F
18,月面兎兵器ミーナ,F
19,奏光のストレイン,F
20,MAR -メルヘヴン-,F
21,RGBアドベンチャー,F
22,デジモンセイバーズ,F
23,ショートDEアニメ魂,F
24,地獄少女 二籠(2期),F
25,ひまわりっ !!(2期),x
26,Venus Versus Virus,F
27,おとぎ銃士 赤ずきん,F
28,パンプキン・シザーズ,x
29,ぽかぽか森のラスカル,F
30,ヤマトナデシコ七変化,x
31,パッタ ポッタ モン太,x
32,護くんに女神の祝福を!,F
33,しばわんこの和のこころ,C
34,リトルアインシュタイン,X
35,シルクロード少年 ユート,F
36,ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!,F
37,オーバン・スターレーサーズ,F
38,ファイテンション☆デパート,F
39,金色のコルダ -Primo Passo-,x
40,ときめきメモリアル Only Love,x
41,銀河鉄道物語 -永遠への分岐点-,F
42,ふたりはプリキュア Splash Star,F
43,まじめにふまじめ かいけつゾロリ,F
44,すもももももも -地上最強のヨメ-,x
45,Master of Epic The Animation Age,x
46,ハローキティのりんごの森のミステリー,x
47,がくえんゆーとぴあ まなびストレート!,x
48,新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ,F
49,恋する天使アンジェリーク -かがやきの明日-,x
50,おねがいマイメロディ -くるくるシャッフル!-,x
51,スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-,x

(以下、注意)
52,SHUFFLE! Memories,x
53,神様家族(地上波放送版),x
54,FLAG(バンダイチャンネル),x
55,幕末機関説 いろはにほへと(GyaO),x
56,ProjectBLUE 地球SOS(地上波放送版),x
57,砂沙美☆魔法少女クラブ(地上波放送版),x
58,コードギアス 反逆のルルーシュ(23話まで),B



{追加評価} なし

{総評、寸評など}
「NANA」は原作を大事にしつつ連続アニメとして視聴者を惹き付ける地道な努力が安定して行われた点に敬意を表します。
「妖逆門」は4クールの間にだるい展開も多かったけど、盛り上がった箇所も同じほど多かった。ゲームの意味という敷衍視点がもり込まれているのが興味深かったし、キャラクターの魅力もあった。
「牙 -KIBA-」はシーズン折り返し地点で脱落。序盤の何が飛び出すか分からない際物的シリーズ構成は、ピンで考えれば見ものではありましたが、総体的には付いていけなかった感じ。
「シュヴァリエ」は通俗的なケレン味がもっと入っていれば完璧だった。リアル系キャラクターを時に動かしまくった作画力や渋い語り口など特筆すべき点が多いものの、設定の咀嚼がすこし足りなかった印象も無視できないので名残惜しいですがS評価はしません。
「天保異聞 妖奇士」は異色の設定に当初期待したものの、キャラクターが制作者の代弁者となっている有り様は、文字どおり『お話にならない』出来。とはいえもったいない素材であったのも確実なのですが。打ち切りは惜しくないけど、どこか袖を引かれ続けるものはあるという、どこまでも微妙な作品でありんした。
「しばわんこの和のこころ」はしばわんこの裸エプロン、みけにゃんこの茶わん割れ駄々こね泣きなど動物好きには悩殺ものな思い出が多々。しかしベストはブッチ編でしょう。「おかあさん…」 あとやもめ父さんと近所の娘さんの婚礼の儀でシリーズがしめくくられたのにはしみじみ来ました。
「コードギアス 反逆のルルーシュ」は唐突な展開な描写がなければもっと高評価を付けた。竹田PDの作品はどうもシリーズ構成や脚本段階でもめるような想像が付いてきてるんで、第二期も期待半分、不安半分ではありますが制作スタッフが渾身傾けていることは、EDクレジットの作画欄一つからも分かります。


以上です。





第四回を数える本調査、引き継ぐ元となる形な以前の調査とくらべると回答数自体は少ないのですが、実は個人的には結果それ自体よりもTB欄で飛べる他サイトさんの回答エントリを読むのが楽しみだったりします。そのサイトさんの作品評価基本姿勢が甘いか厳しいかとか、どういった傾向番組に好印象でどんな番組が嫌いかが浮かんでみえてくるのがなかなか興味深くて。
posted by 三和土 at 01:57| Comment(4) | TrackBack(1) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、5/5の予定です。

確かに元記事は、いろいろと興味深いですね
記号や数字だけでは、わからないことも多いですから
参加数については力不足で申し訳ないです
Posted by アニメ調査室(仮) at 2007年04月30日 11:34
回答受付ありがとうございました。
毎回の作業おつかれさまです。
参加数の件は、わざわざ持ち出したのはあるいは非礼だったかもしれませんね。
でも、数の多少に関わらず企画の楽しさを感じさせていただいているという事が記述の主旨であることはご理解いただけたと考えます。
Posted by 三和土 at 2007年04月30日 21:15
再び、失礼します
第5回調査を始めてみました
結果発表は8/4予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
Posted by アニメ調査室(仮) at 2007年07月07日 14:11
お知らせありがとうございます。
「鋼鉄神ジーグ」終了時を目処に
新ブログの方から参加させていただきます。
Posted by 三和土 at 2007年07月09日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40391865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【第4回結果発表:目次】
Excerpt: ご参加ありがとうございました。 結果発表ですが、発表後に追加参加者がいらっしゃいましたので、現在、暫定版です。
Weblog: アニメ調査室(仮)
Tracked: 2007-05-12 14:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。