2007年05月21日

(2007春:新)「ぼくらの」

AT-Xのノンスクランブル日に、第4話を視ることができました。OP曲は編曲が西田マサラ氏ということで、石川智晶氏の作品の中ではメリハリが明確というか、番組テーマソングとしてフレーズをより印象的にしようとする意志が見られるような。映像では、ピアノを弾くコモに強く日常性を感じました。

本編はコダマの述懐とあっけない死のエピソード。父親と兄の会議でのぶつかりあいに顕著だったけど、鬼頭莫宏氏の作品はセリフよりもむしろその間合いの方が大切なタイプであり、関係性の陳腐さをからりと乾いた描線で異化しているスタイルでもあるから、今回のアニメライズみたいに作画リソースにさほど力を注げない場合はややお安くみえてしまうシーンもあるように思う。

それでも、それぞれ思い入れのある椅子に腰掛けつつ会話をしながら、ジアースで戦うという設定は秀逸で、その一点アイデアだけでも媒体を移して展開させる意味はあるようにも感じた。色々と、興味深い作品ですね。
posted by 三和土 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。