2007年05月21日

エミリー#7/精霊の守り人#7

「大好きな林」:エミリー・ザ・親爺ころがし伝説本章のはじまりはじまりー。…夜道を領地から離れた街の教会まで行くのは少女にとっては相当おっかない事だと思うんだけど、それをもっとしっかり演出すべきだったと思う。そうでないから、今回はご都合主義なプロットが目立ってしまってる。ゆえに、出てくるおっさんみんなが怪しすぎて笑えててしまうんですよー ジョンは馬車でようじょかどわかし狙ってるように見えるし、おとうさんはおとうさんでエミリーの心理下に聞こえてきた語りかけがなぜか抑揚なくて霊界通信、そしてキャシディ神父の煙にまく丁寧語といちいちゴシカルBGM添付には本当に笑いを抑えきれなかった。厳しい聖職者という世間の評判とギャップありすぎだろ!! あと、これはジミーおじさんもだけど、どうしてもみあげの先にポンポン付くの?天然パーマだとああいうのになるの? なら数日ごとに切れぇ。ところで、ニュームーンという屋号は初代マレーが上陸した浜辺の地形にちなんでいるのでしょうか。

「チャグムの決意」:けなげ世間知らずショタ萌えすべきか、性別逆転世話焼き女房萌えすべきか、迷うところだ。後者に関しては、タンダが女でバルサが男だったら、実はあっさり結婚してたりして。さて1.5話分ほどブランクが空いての視聴。チャグムの断髪シーンが見られなかったのは残念。今回はアクションがまったくなしの地味回だったけど、水車の粉挽きからくりをチャグムに見せてやるバルサという描写が、効果音のリアルさ込みで印象に残った。こういうところ、教育効果を意識したNHKアニメらしいですね。
posted by 三和土 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あなたはきっとその内に何かを作り出すでしょう。だから書き続けなさい@キャシディー
Excerpt: ■『風の少女エミリー』 #7 「大好きな林」 NHK教育 脚本:早坂律子 絵コンテ・演出:小坂春女 総作画監督:しまだひであき 作画監督:若月愛子 【コメント】 エミリー(川上とも子)の..
Weblog: LOVE&PEACE ANIME DIARY
Tracked: 2007-05-21 16:50

…にしても、よく生き延びたもんだねえ@バルサ
Excerpt: ■『精霊の守り人』 #7 「チャグムの決意」 NHK-BS2 脚本:檜垣亮 神山健治 絵コンテ:増井壮一 演出:佐山聖子 作画監督:熊谷哲矢 【コメント】 バルサ(安藤麻吹)とチャグム(..
Weblog: LOVE&PEACE ANIME DIARY
Tracked: 2007-05-22 02:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。