2007年05月26日

鋼鉄神ジーグ#7「侵入! 高千穂の峰へ! 煙る大地にヤツを見た!」

キャラ作画がやや残念。でもメカアクション部分は抜かりがない。取捨選択は間違ってないね。

夫の司馬博士はともかくとして、宙のお母さんも息子のガールフレンドだった美和が自分よりはるかに老けてしかも孫娘までいるというんだからそりゃもう違和感が凄かっただろーなー。というかヒーローよりもその母親の舞台への登場の方が早いロボアニメってめずらしいな。

ところで鏡の素性をはやいところ明かしてほしいんですが… しかし、みんな鏡の変調に気付かなさすぎー。冷たいぜ。

そんなわけで、今回は繋ぎ回。次回から最終回までは一気呵成なテンポを期待したいところです。
posted by 三和土 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ/TV番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。