2007年05月02日

『アニメ調査室(仮)準備中』さんによる「第4回2007春調査」への回答エントリ(訂正板)

まことに情けないことに、評価基準「X(視聴なし/視聴中)」「F(見切り)」「Z(視聴不可)」を自分が混同して回答してしまっている事を遅れて発見しました。本当に申し訳ありません。このエントリはその勘違い部分を訂正して回答し直したものです 2007春調査(2007/1-3月期、終了アニメ、51+7作品) 01,NANA,B 02,妖逆門,B 03,蒼天の拳,Z 04,武装錬金,Z 05,Kanon(新),X 06,牙 -KIBA-,F 07,少年陰陽師,Z..
posted by 三和土 at 17:54

2007年04月30日

『アニメ調査室(仮)準備中』さんによる「第4回2007春調査」への回答エントリ

こちらで開催中。以下回答分となります。 2007春調査(2007/1-3月期、終了アニメ、51+7作品) 01,NANA,B 02,妖逆門,B 03,蒼天の拳,x 04,武装錬金,x 05,Kanon(新),F 06,牙 -KIBA-,F 07,少年陰陽師,x 08,RED GARDEN,x 09,シュヴァリエ,A 10,ネギま!?(2期),F 11,TOKYO TRIBE 2,F 12,ゴーストハント,x 13,天保異聞 妖奇士,D 1..
posted by 三和土 at 01:57

2007年04月30日

コードギアス・幕間に

Euphemiaという女性名はどうも実在するようです。ただ私が閲覧したサイトにおいては読みは「ユーフィーミア」と紹介されてましたが。あと、精神病理学用語で「ユーフォリア」という言葉があるのですが、これはイタリア語における『幸福』が語源となって「多幸症」を指しているんだそうで。なるほど、ユーフェミアの無垢さは現実離れした能天気さと表裏一体ではありましたが、それでもやはりユーフェミア皇女の死はルルーシュとスザクに決定的な影響を与えて、彼らの精神的幼年期の終わりを告げた事に変わりは..
posted by 三和土 at 01:10

2007年04月25日

コードギアス#22、23(終)

夏に予定されている特別編を第二期とのブリッジとする、なんとも変則的な放映形態が取られることとはなったけれども、とりあえずはルルーシュとスザクの心理間に決定的な一線が引かれた時点をクライマックスに持ってきた点については評価できると思う。無垢の異母妹(ユーフェミアという名前は-綴りは置いておいて-ユートピアの語感をどうしても連想させられる)の理想を地に堕し命を奪うことになった責任という精神的負荷を自覚させながらも、スザクと電話で会話した後のルルーシュにピカレスク・..
posted by 三和土 at 05:13

2007年04月11日

コードギアス#21/銀魂#50

「学園祭宣言!」:やはりシリーズ構成担当である大河内一楼氏のシナリオが一番安心して見ていられますね。今回もユーフェミアの浮き世離れしたエリア11特区化宣言を、周囲の熱狂と冷淡が入り交じったレスポンスによってどうにか中和した印象。あと演出もよくフォローしていて、たとえばラストカットの怒りを抑えつけているルルーシュの目元。アップで映したフレームの色味が変わっていく手法に緊迫感があった。さて地上波放映感想においてネタバレた身にとっては、今回のお祭り気分エピソードはまさしく嵐の前の静..
posted by 三和土 at 20:34

2007年04月06日

コードギアス#20/銀魂#49

「キュウシュウ戦役」:前回に引き続いてユーフェミアが発狂したかのごとく馬鹿。いや、ここまで場違いな行動と発言する子じゃなかったでしょ… ちょっとついていけない展開。そんな中、空飛ぶ戦艦(これなんだかとってもFSSちっく)から敵地へ発進するランスロットをナビするロイドの副官(名前度忘れ)のふだんと一線を画したぴしっとした口調がよかった。細部はいいんだけど、総論として妙なところが目立ってきちゃってるんだよなあ。 別ver.OPいいですね。うまいこと早口気味だし:きちんと第一..
posted by 三和土 at 00:25

2007年03月31日

コードギアス#19/銀魂#48

「神の島」:シナリオの出来の悪さ(時間なかったんかねえ)が超展開をより浮き立たせる! いきなり「ムー」的によくあるオカルティックな匂いを漂わせはじめたサブタイトルを見た時から悪い予感はしていたが。整合性のなさは他の回でもあるけど、積み重ねられてきたキャラクター性から逸脱してる箇所が複数あるのがいただけない。 マヨ丼とゆで小豆丼なら…:究極の選択として、後者を。『ねおじさん』の掛け合いが両者息ぴったり。このシリーズが一年で終わらなくて本当によかったと思う。缶けり編は作品テ..
posted by 三和土 at 03:17

2007年03月22日

コードギアス#18/銀魂#47

「枢木スザクに命じる」:脚本と演出のコンビネーションが見事な回。状況と感情が一点に交差する終盤はこころにくいまでの趣向でした。サブラインとしては、ロイドやラクシャータ、ニーナといった科学肌の人々の気性を示した台詞群が秀逸。しかしロイドが生徒会室の窓辺に突如現れるシーンであらためて感じたけど、本作の手法は舞台劇スタイルですね。だから、美形キャラたち以外の一般ピープルについては別段描かれる必要はないし、展開の唐突さや設定の整合性の齟齬も大概は許されてしかるべきなんでしょう。そうい..
posted by 三和土 at 10:20

2007年03月18日

コードギアス#17.5/ダンクーガノヴァ#5

「仮面の真実」:前の総集編はアニマックスでは放送されなかったのに、今回はなぜか。ルルの独白ナレーションで進行する対白兜のこれまで。騎乗者がスザクと判明した直後のるる脳内進行の実況と考えれば、なかなかスマートに機能したリミックス回だったと思います。 「嘆きの魔壁」:空気を読まない紅いダンクーガによってくららの超絶スナイプが意味なくなった。むかー。しかし血液型占い嫌いな人には憤飯ものなシナリオだったにゃー 葵はレーサー業をきっぱりやめる生真面目さがA型っぽいかなー くららは..
posted by 三和土 at 03:51

2007年03月08日

D.Gray#21/コードギアス#17

妖逆門#48はまたもや録画失敗! 最後の数分だけ視られましたが、仲間たちが復帰したようですね。燃えるような萎えるような… 「クロウリー、襲撃」:いまさら言うのはかっこわるいですが画面くらーいいぃ 下から見上げる格好でモニター見てるせいもあるかもだけど、終始暗くて他の視聴者と自分が視ているものがはたして同一だったのかも最早わからんくなってきた。エリアーデは今回も原作での艶やかさが出せてない。あと「行かせるもんかっ」のところの赤面は唐突なだけで浮いてたと思う。それにしても「..
posted by 三和土 at 00:29

2007年02月28日

コードギアス#16/銀魂#44

「囚われのナナリー」:二転三転する後半の展開が面白かった。作画が持ち直したせいか演出も持ち直したように感じられたし。スザクが自己破壊指向を持っているというマオの指摘は本当だと思うけど『死にたがり』とまでいうのは悪意にすぎないように感じる。人間なら誰しも、自己保存本能と自罰傾向の二面性を持ってるものじゃないかなあ。だからスザッきゅんには、是非父親を殺してしまった枷を乗り越えてほしいんだ。ところで強引なのは別にそこだけじゃないけど、父親を刺してまで徹底抗戦を止めようとした過去のス..
posted by 三和土 at 21:17

2007年02月23日

コードギアス#15/NANA#42

「喝采のマオ」:素性を知らずに傷付いた敵を手当するシチュエーションってもうなんというか古典すぎて… っていうかそういういたいけな様子があのおねいちゃんには似合わないと思うのですが。なんかすっごい派手じゃん。髪型とか。で、相手方の扇は…ヤンキー? 竹の子族? ローリンローリン? 諸星君? まあともかく、違和感がすごかった。なんか2クール目に入ってからちょっと自分、引き気味ですわ。マオが東洋人って台詞聞いてもどこが?どこが?って感じ。あと前回からのC.C.の私服センスはすでに悶絶..
posted by 三和土 at 23:08

2007年02月16日

コードギアス#13、14

シャーリーとの絡みに焦点が当たった途端、なんというか雰囲気が乳臭くなってしまったのは気のせいだろうか。心なしか作画の端正さも落ちたために、画面ゴージャス感が薄れてきて… それが進むとこのアニメの特色も褪せてしまうね。あと気になるのはすでにシリーズを折り返してるのにドラマ決着部分が見えてこないこと。今のペースでは皇帝の前に立つどころか、コーネリアを討つことさえ危ういような。 マオはデザインがちょっと安手のSFっぽくみえるなあ。C.C.がほめてくれた言葉をリフレインで流して..
posted by 三和土 at 00:26

2007年01月31日

結界師#12/コードギアス#12

妖犬ロデオ丸:ロデオで深まる主従の絆。というか長尾やっぱりかわええ。「アホンダラ!!」なぜ(笑) このアニメって基本的にアクション作画のレベル高くて、かえってその良さが目立ってないのがもったいないというか。あと今回のよっすぃーは少し男前度が高まるエピソードだっただけに、きりっとした顔が多くて見直しましたよ。でもやっぱり土台の地味さというかぶs(略 「キョウトからの使者」:ニーナの例のシーンが胃にごろりと。消化できneeee-- つまり、スザク転入の時に見せていたイレ..
posted by 三和土 at 13:38

2007年01月27日

気が付けばまた視聴アニメ数/週が10本を超えましたが

現在は、曜日によってカテゴリーが色分けされてるのが図ってないだけになかなか面白い。 月・火:ジュブナイル(「結界師」「妖逆門」「D.Gray-man」「コードギアス」)  水 :女性人気、一般寄り (「銀魂」「NANA」) 金・土:伝奇/サスペンス(「東京魔人學園」「妖奇士」「シュヴァリエ」)  日 :キッズ/ファミリー(「デルトラクエスト」「少女コゼット」) まるで、週はじめには学齢期の子供たちにエールを送り、週なかばには女性社会人に息抜きをアピールして、..
posted by 三和土 at 03:34

2007年01月26日

コードギアス#11「ナリタ攻防戦」

スザクの胸板がまた拝めたぞウヒョー。わし、年若い男子キャラのきれいなむないたが大好物。その点においてルルよりスザク派。というかルルはキャラクターとしては好感が持てるけど別に全然萌えないなあ。でもアニメージュの人気投票ではルルーシュが首位だったらしいっすね。小賢しいおのこキャラが不得手なのって私だけなのかにぁ 今週はコーネリア閣下が初めて劣勢に陥る話で手に汗握りましたね。ルルーシュの作戦が成功するのを願いつつも、ユーフェミアの苦悩やスザクの奮戦の方もなんとかなってほしいと..
posted by 三和土 at 00:39

2007年01月19日

コードギアス#9、10

「リフレイン」:おお、OPがマイナーチェンジ。新規カットは1/3ほど? と少なめだけど印象にアクティブさが増してこれはこれで。今回の話は即物的な描写が多くて(特にホットドッグ屋が暴行受ける展開)げんなりしたけど、クライマックス部で麻薬『リフレイン』(19世紀の中国都市部に蔓延したアヘンの暗喩でもあり、現代日本に流行中の昭和ノスタルジーへの揶揄でもあり)に溺れる人々のベタな台詞まわしには笑わされました。高度なコントアニメでもあるような気がしてきた。カレンの父親はほとんどまったく..
posted by 三和土 at 06:32

2007年01月15日

2006年よかったアニメ(改訂)

(このエントリの内容は昨年大晦日に一旦公開されたものですが、その後「少女チャングムの夢」と「009-1」の視聴を終えたため、増補改訂することとしました。同時に放映中作品の雑感も追加。) <2006年内に終了したアニメ・ベスト3選出> 今期終了今年終了したシリーズでほぼ全話見通した作品名を以下に羅列します(だいたい放送終了順)。 「怪〜ayakashi〜」 「強殖装甲ガイバー」 「雪の女王 The Snow Queen」 「交響詩篇エウレカセブン」 「ノエイン..
posted by 三和土 at 13:28

2007年01月05日

コードギアス#8「黒の騎士団」

リゾートホテル占拠事件をスプリングボードとして、ゼロは『正義の味方』である「黒の騎士団」が脱テロリスト化したイメージ付けを、メディア上でほどこす。今回も隙がないのに視聴者を突き放していないという絶妙な出来で、感想の言い様もないくらいだ。強いていえば、ホテル客が突き落とされるところでのスザクの叫びがくどすぎてクサかった。 しかし展開テンポが速い。すこしはリゾート気分もあるのかと思いきや、シャーリーたち三人は今回は完全に冷や飯喰らい役でしたね。でもそれは、冒頭でのゲットー住..
posted by 三和土 at 09:34

2006年12月20日

コードギアス#7/009-1#9

「コーネリアを撃て」:第二皇女殿下はナチュラルボーンマキャベリスト。これは後継者争いの中でいい線いきそうですね。クロヴィス皇子が柔和なタッチで絵描いてたという以前の描写の意味をいまひとつ計りかねてたけど、冷徹なコーネリアとの比較の意味もあったのだなと思ったり。今回はこれまでで一番面白かったなあ。ところでC.C.ってカーボンコピーって意味じゃない?たしか世界初のクローン猫がそんな名前だったと思うんだけど。ギアスの力を誰かに与えられる存在のオリジナルが、どっかにいるのでは。とする..
posted by 三和土 at 21:48

2006年12月18日

「リーンの翼」(第1〜3巻)

'06/監督:富野由悠季/制作:サンライズ 先行ネット配信された完全オリジナル新作がDVD化されたものをレンタルにて視聴。とりあえず前半の三巻分まで。(余談ながらTVにつないだプレーヤーに掛けたら画面がジャミング状態。仕方なくノーパソで再生させたけど、視終えたあとえらく目が疲れましたわ) 見応えがあったのは 第2巻>第3巻>第1巻。 もうバイストンウェルの美しさが圧倒的でね… 初めてあの世界に「行ってみたい」と思いました。 以下、各巻の感想箇条書き。 ..
posted by 三和土 at 19:25

2006年12月15日

コードギアス#6/銀魂#34

「奪われた仮面」:天パ眼鏡の子のスザクへの引きぶりが今の段階では真意が判断つきかねるだけに気になります。外側に出さないだけに根深い差別意識の持ち主なのか、あるいはなにかしらイレヴン絡みの嫌な記憶があるのか、それとも単にそれまでの雰囲気が乱れるのが嫌なだけの神経過敏な質なのか。いやー、しかし今回はことさらに巧みな構成に唸らされました。息抜き回と思わせつつ、ラストの皇帝の演説で一気に引き締める。20年前ならあんなあからさまな非平等主義は「はぁ?」って感じでネタ扱いして笑ってたけど..
posted by 三和土 at 21:01

2006年12月07日

コードギアス#5/NANA#34

「皇女と魔女」:騎士のごとく忠誠と敬愛を捧げるべき貴婦人と出会うスザク、妄念に取り憑かれた転覆者の宿命として魔性の者と行動を共にすることになったルルーシュ。台詞や場面を交互に構成してカップル配置を印象付ける演出が良い感じでした。以前の回と同じく、学園の生徒たちが虐げられた側の痛みに鈍感な描写があったけどコミカルな日常部分とそれらとがいつかは衝突してきしんでくる展開になるんだろうか。というかなってほしいと期待してる。ところで「オレンジ」ってまったくの口から出任せだったんですね。..
posted by 三和土 at 23:33

2006年11月30日

コードギアス#4/銀魂#32/009-1#7

NANAは寝てたんで視られませんでした。 仮面男登場:青い!そして浅い!! NANONI面白い!!! ジャンル:デスノとして申し分ない出来です。カレンたちに偉そうにどうでもいい御託述べる車中のゼロルルに震えた。素材の薄さを逆手に取って軽い口当たりにうまく料理する手法としては、アニメ版「BLACK CAT」と近いかも。しかし作画レベルが依然たけー それにしてもスザクまで旧VIP階級だという設定のてんこ盛りぶりには笑った。かつてはそのバックにいたらしき右翼集団の動きの方も楽..
posted by 三和土 at 04:37

2006年11月24日

コードギアス#3/銀魂#31

「偽りのクラスメイト」:裸見ちゃった〜と駄目押しして精神的リードを取るのがルルたんの抜け目ないところですね。ほんとうは妹以外の女子には一切興味なさそうなくせに(笑) 今回もたたみかけるようなコンテで面白かった。 銀さんの隠居姿は妙に苛つく:なぜだろう… 前振り回ということもあってかギャグの滑りイマイチ。しかしさっちゃんの暴走ぶりだけは常にクオリティ保持。美味しいキャラだ。
posted by 三和土 at 18:34

2006年11月19日

妖奇士#7「竜は雲に」

うーん(しみじみと)「これはひどい」。前番組ぶらぷらが4クール目で馬脚を露わしていたあの境地に、このアニメは1クール半ばで易々と達してますよ。もうね、アトルの刃向かいも往壓の説得もどちらも會川ライターのしたり顔しか浮かんでこない。今回の説教合戦は白け過ぎますわ。しかしあれですよ。脚本家の主張がキャラクターの生き様から浮いてしまうのは、演出担当トップの監督の責任でもある(いま思い返すと『ヒヲウ戦記』のアミノ監督はやはりさすがの手腕だっだなあ)。PDについては、もうなんも言いたく..
posted by 三和土 at 03:43

2006年11月06日

「コードギアス緊急ナビニュース」ざっと見

CSアニマックスの放映が明日より始まるということで、地上波ネット局で流れた直前宣伝番組がちゃんとプログラムされてました(そういえば同じく今月始まる妖奇士の方はどうなんだろ…と調べてみたらこちらも本編開始2日前に放映される模様。バニラ姐さんの活弁見直したくなってきた)。出かける用事があったので(すでに第1話と第2話は視てしまっているからという理由もあり)、録画テープをざっとだけ視てみた。 谷口悟朗監督とシリーズ構成担当の大河内一桜氏との中心スタッフお二方のインタビュー映像..
posted by 三和土 at 20:51

2006年10月23日

(2006秋:新)つまみぐい編その2/DEATH NOTE 他

Fさんが二便目を。だうも〜だうも〜 ですの:第3話まで。OPで月と対峙するLの前屈みっぷりが何度見ても笑えます。あとOP直後のスポンサー表示画面の背景画像のジョジョ立ちっぽい月と。本編の方はちょこちょことアレンジが入っていながらも粗方は原作通りにすすむので、まだ原作の記憶が新しい身としては、案外退屈に感じた(アクションものじゃないしなあ)り…途中ちょっと寝オチしたり… キャラ数が増えてきてからが正念場なのかも。ところで幸子が原作よりやや若返ってる件。 働きマン:キ..
posted by 三和土 at 00:25

2006年10月21日

(2006秋:新)つまみぐい編その1/コードギアス 他

Fさんのご厚意により、毎期のお楽しみが今回も手元に届いております。その中から多少の興味が持てた新番組の感想など。 コードギアス:OP(一番好きなのはC.C.がシナプス空間を翔ぶシーン)、いやアヴァンからして惹き付けられる文句なしに魅惑的な出来ですね。こういうクオリティの初回だと、モチーフへの好悪関係なしに今後が気になる。来月からのアニマックスでの視聴を楽しみにしたいです。設定面では、ブリタニア帝国のモデルをアメリカとするのでなく、あえて19世紀の覇権主義ヨーロッパの混合..
posted by 三和土 at 02:36

2006年10月02日

2006秋新番アニメチェック予定一覧

ようやくBSジャパンで放映されるラインナップが判明したので。とはいっても、今期はあまり積極的に期待している番組はありません(オリジナルものが少ないし)。とりあえずスケジュール確認のために、初回を観るつもりのあるものを日付け順で以下に。 10/07 (土) 18:00「天保異聞 妖奇士」(MRO) 10/08 (日) 24:30「史上最強の弟子ケンイチ」(BSジャパン) 10/10 (火) 19:30「D.Gray-man」(BSジャパン) 10/10 (火..
posted by 三和土 at 15:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。