2006年06月01日

RAY#5/ブララグ#6

RAY:すげー同じOLMアニメのガイバーよりも全然グロいじゃん。しかも女子中学生への触手陵辱の予感までも盛り込んで、B級サービス満載だな。そんな中、オチの解釈を科学的にやろうとしているようで全然論理説明になってない天然っぽい粗忽シナリオに吹いた。ほそのゆうじせんせいは相変わらず絶好調のようだワァ でも、桜の樹を切り倒すのは待てー というありがちナイーブ展開に持ってかなかったことは良かったと思う。あと人になりたくて仕方ない当地伝来の神様というアイディアもちょっと面白かった。 ..
posted by 三和土 at 02:35

2006年05月25日

RAY#4/ブララグ#5

RAY:「アカリボン」って堂々とサイトの紹介ページに美少女キャラ画像のキャプションとして載っている感性… というかそれどんなボンバーマン? なんかもうひもぱんまた出たし、院長の必殺技はスライディングに弱すぎることが早くも判明するわ。B級精神極まれり。なんかこのアニメ、ゆっくりと好きになってきた。ところで前述のキャラ紹介ページによると、篠山は零の高校時代の同級生だそうで。つまり、零って正規の教育受けててさらには医師免許もちゃんと持ってたりする? 黒珊:盗掘に入っておいて、..
posted by 三和土 at 01:42

2006年05月18日

RAY#3/ブララグ#4

RAY:ああ、こういう必然性のある(というかこじつけられた)水着回ならまるっとOKです(笑) 今回は篠山のよいキャラぶりがよく出ていたし、同時にレイの(一見ショタ趣味にしかみえない)幼い少年へのトラウマと結びついた思い入れもほのめかされていたし、はたまた医療チーム内の人間模様の布石も果たしていたし。画面密度こそ低めとはいえ、レイアウトはそれなりのレベルなのも地味にポイント高めです。 ブララグ:1945年におけるUボート内での描写が良かったですねえ。ドイツ軍人とナチス親衛..
posted by 三和土 at 20:58

2006年05月11日

TOKKO#3/ブララグ#3

TOKKO:ゲバッゲバッゲバッゲバッ♪というOP曲いいなあ。でもこの前、公式サイト見にいったら曲名載ってなかったよ… なんかdbというアーティスト名で、曲名は「Nothing」みたいですが。本編の方は新鮮味がゼロ値どころかマイナスというべきぐらいで泣きそうだ。まったくかわいく描けてない妹キャラの萌え狙いもつらすぎる。一番のみどころは、おそらく素の状態で観ることができてる中国からの動画仕事です。ホラーたら演出たら、そういう次元において線が引かれてない感じする。つまりこれって超ア..
posted by 三和土 at 22:35

2006年05月04日

牙#5/NANA#5/ブララグ#2

今週はしばわんこ(ゆるなび内放映分)とRAY(ファミリー劇場放映分)とTOKKO(再放映分)はおやすみ。正直いってどちらかといえば助かったーという気持ち。水曜日… 来週から大丈夫か自分。 ベリーベリー:ED部分をまちがえて見ないうちから上書きしてしまったよ。せっかく殺伐として不条理な空気をあの叫ぶ詩人の会ライブ張りの超朗読具合で吹き飛ばしたかったのに… まっちでいいかんじー さてノアたんノアたん。あんま頬赤らめんな。あざといから。ただでさえゼッドゼッドと偏執ぶりが不..
posted by 三和土 at 23:21

2006年05月01日

(2006春:新)BLACK LAGOON

うひょー会話がことごとく二昔前のアメリカドラマみたいだぜ野郎ども。 一言で感想いえば「人簡単に殺しすぎ」。痛快さよりも不快さがやや勝っているような気がする。 EDの趣向は変わってますね。アンニュイな雰囲気かと思ったら、ヒロインが最後に鬼神のような形相で銃を構えるという…
posted by 三和土 at 20:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。