2007年05月27日

エミリー#8/精霊の守り人#8

「お母さんの部屋」:ジュリエットの少女時代は作中一の可愛らしさで満足。でもダグラスとの馴れ初めも少しは見たかった。ケント夫人がテディを連れ帰るシーンとエリザベスが亡き妹へのわだかまりをほどく描写は対になってると思うけど、わりかし生々しい感情がモチーフの作品ではあるのだなあと。あと秋のプリンス・エドワード島の風情もすごく良かった。ダイアモンドダストみたいなのは、霧の粒子が風に飛ばされる現象? 「刀鍛冶」:刀鍛冶の老人を媒介として、バルサとモンたち刺客それぞれの思惑が交錯す..
posted by 三和土 at 21:48

2007年05月21日

エミリー#7/精霊の守り人#7

「大好きな林」:エミリー・ザ・親爺ころがし伝説本章のはじまりはじまりー。…夜道を領地から離れた街の教会まで行くのは少女にとっては相当おっかない事だと思うんだけど、それをもっとしっかり演出すべきだったと思う。そうでないから、今回はご都合主義なプロットが目立ってしまってる。ゆえに、出てくるおっさんみんなが怪しすぎて笑えててしまうんですよー ジョンは馬車でようじょかどわかし狙ってるように見えるし、おとうさんはおとうさんでエミリーの心理下に聞こえてきた語りかけがなぜか抑揚なくて霊界通..
posted by 三和土 at 14:39

2007年05月14日

精霊の守り人#6と少女コゼット#19は見逃しました

精霊の方は、予約セットして寝る前に衛星チューナーのチャンネル合わせし忘れて… コゼットの方は、残業の可能性は分かってたのについつい家を出る際の気ぜわしさにかまけてしまって… ここ数日、常なる乱文ぶりに拍車がかかってる事にお気付きの方もあるいはおられるかもですが、ちょっとだけ神経が参ってるみたい。大したことじゃないんでだいじょぶですけど。明日は休みだし。 というわけで、いつも読んでくださってる方にはごめんなさいです。
posted by 三和土 at 01:28

2007年05月08日

精霊の守り人#5/少女コゼット#18

「秘策、青い手」:テープ上書きのミスにより、タンダがバルサに頼まれてとある店に辿り着き『青い手』について尋ねたら荒くれ者どもに囲まれて…というところでブヂ切れてしまっていたのでサブタイトルの意味が分からなかった… 総体として感想すれば、解釈回とでもいうべき地味な印象でした。木工カラクリ細工的な箱を操作して秘密の地下へ入っていくシュガという描写が見所かな。 「忘れていた再会」:見逃した前回はアバン部分で幾分かフォロー。みつけたぞぉーと叫ぶジャヴェールの、ここぞという発声が..
posted by 三和土 at 10:29

2007年05月01日

精霊の守り人#4/桃華月憚#5

「トロガイの文」:コメディリリーフにして頼もしい味方、トロガイ婆様の登場でいい感じに雰囲気が砕けてきた。水妖の半魚人っぷりにも驚いたよ。なるほどファンタジーだ。シュガ側とトロガイ側、それぞれ違うアプローチで精霊の卵に関して前向きな意味合いを探っていく方向なのかな。にしてもやはり辻谷耕史氏は気のいいあんちゃん役がよく似合う。あとなんだか鬼太郎カットのひとがでたよ!! 「仏」:話の展開が分からないままに雰囲気を楽しんで観るアニメというのもいいものですね。今回はそれぞれ状況の..
posted by 三和土 at 22:47

2007年04月22日

精霊の守り人#3/MOONLIGHT MILE#8

「死闘」:保存用テープを作っておかなかった事が悔やまれるタイプのアクション充実回。見せ場いくつあんだよって感じ。ベストはやはりラストの男対刺客か。しかし男はバルサの師匠だろうなと公式サイトからの情報や次回予告ナレーションで予想がつくけど、なんだか泣いてたよね。あれの意味は全然わからない。あとチャグムに恩義を感じてる若い刺客(彼の台詞があまりにも分かりやすすぎ。しゃべらせすぎてて惜しい感じだった)の生死の不明さもかなり気になるところ。まあ次回への引きだと受け止めればいいんだけど..
posted by 三和土 at 04:39

2007年04月16日

精霊の守り人#2「逃げる者、追う者」

シュガたんわるいひとじゃなかったお…ごめんお。声が野島裕史の人にわるいひとなどいない! 初回より面白かったなー。脚本のテンポがより自然だったような気がする。演出も作画能力の高さにこれみよがしに頼るI.Gくささがなくて好感。そういえば第一話では皇妃が眠っているチャグムの頭をなでる時、髪の流れを無視して手が動いているのに違和感をもったけど、今回のバルサがチャグムをおぶってやる動きはとても自然で体臭や体温が伝わってくるようだった。バルサを手助けした兄妹の少々不潔そうな水上小屋..
posted by 三和土 at 03:19

2007年04月08日

(2007春:新)「精霊の守り人」

プロダクションI.G制作のアニメにはどこかしら教条主義的な雰囲気を感じていたけど、それゆえにか意外にNHKの雰囲気に合ってる。反面、スタッフが重なる「攻殻機動隊S・A・C」シリーズの時よりも演出がさらにこなれて感じるのは、原作付きゆえの脚本面の土台の確かさの賜物か。 全体的にテンポがゆったりとしていてやや退屈な部分もなくもないけど、ヒロインが招かれた先の寝所に皇后が訪ねてきてからは自然に引き込まれた。幼い少年を間に置いての立場のまったく異なる二人の女性の、表面上は礼儀に..
posted by 三和土 at 00:41

2007年03月21日

<2007春:新番>私家版チェックリスト

当地で視られる中で、初回チェックするつもりがある番組をリストアップしてみました。(BSデジタル民放局の新番組は公表が遅れるため、当方の予想となっております) 4/1(日) 「ゲゲゲの鬼太郎」(ITC) 4/4(水) 「天元突破グレンラガン」(BSジャパン) 注:予想です 4/5(木) 「鋼鉄神ジーグ」(WOWOWスクランブル) 4/7(土) 「風の少女エミリー」(NHK教育テレビ) 〃   「精霊の守り人」(NHK-BS2) 〃   「地球へ…」(MRO)..
posted by 三和土 at 18:39

2007年01月21日

「にんげんドキュメント」『対話がアニメを作り出す 〜 監督 神山健治』

NHK総合チャンネルで1/19(金)22:00から放送されました。再放送は火曜深夜にあるそうです。 来春からBS2で放映開始が予定されている「精霊の守り人」の宣伝といまや世界に誇れる国産商品としてのイメージが定着した日本アニメの内幕を見せるのとを同時にこなした印象。…それにしてもアニメ制作の様子をブラウン管でながめている時に感じる落ち着かなさ、これは何なんだろう。単なるオタクとしての自意識過剰なんでしょうか(笑) プロダクションI.Gなぞは、環境も待遇も比較的整えられて..
posted by 三和土 at 02:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。